ピルをやめると痩せる人と太る人がいるのはなぜ?

ピルを飲み始めてから太ってしまった!

ピルをやめたら痩せるのかな?

こんな風に思っている人も多いのではないでしょうか。

ここでは、「ピルをやめると痩せるのか?」という疑問に迫ってみたいと思います。

ピルをやめると痩せるの?

避妊薬や子宮内膜症などの婦人科系の病気の治療薬として使われるピル。

ピルには、卵胞ホルモンの「エストロゲン」や黄体ホルモンの「プロゲステロン」などの女性ホルモンが含まれていて、体を妊娠期の状態にして妊娠を防いだり、ホルモンバランスを調整して病気の進行を遅らせてくれます。

ただ、ピルを飲むことで体が妊娠状態と判断するので、体が脂肪で覆われるようになり、ふっくらと丸い体つきになり、見た目的にもぽっちゃりとした印象になることが多いようです。

また、プロゲステロンには食欲を増やす働きもあるので、普段よりも食事の量が増え、太りやすくなります。

さらに、体内に水分を溜め込みやすいという性質もあるのでむくみやすく、特に顔や脚などが太って見える場合もあります。

一般的には、こういった影響が出るほどのホルモン量が入っていたのは一昔前の中用量ピルと呼ばれるもので、現在主流になっている低用量ではその様な影響は出にくいといわれています。

ただ、実際は低用量ピルでも太ったという人もいますし、私自身も低用量ピルを飲んでいましたが服用中はやはり体重が増えました。

ピルを止めてからは少しは体重が減りましたが、「痩せた」と呼べるほどではありませんでした。

また、ピルをやめた人達の体の変化を調べてみると、「ピルをやめてむしろ太った」という人もかなりいて、「ピルを飲むのを止める=痩せる」とは言い切れなさそうです。

結局のところ、ピルをやめる・やめないに関わらず、食欲と食事内容をコントロールできていれば痩せますし、できてなければ太ってしまうということでしょう。

こうやって考えると、ピルをやめるかやめないかよりも、食事制限の方がずっと大事なのかもしれませんね。

ピルを飲んで太ったと感じる場合は、低カロリーの野菜や果物を中心とした食事に変えてみると良いでしょう。

また、むくみを解消するためにも運動をして体の内と外両方をスッキリさせるのもおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です